0
¥0

現在カート内に商品はございません。

"まちの広報部" とは、ディスカバー東広島が運営する、市民による地域情報の発信プロジェクトです。
市内の事業者やスポットに、実際に行ったときの様子やニュースをお届けします。
(情報は取材時のものになります。最新の情報は別途ご確認ください。)

安芸津からフレッシュな香り 甲斐農園のレモン収穫スタート!


カキ、ジャガイモ、ビワ、ミカン、レモンと、名産品の多い安芸津町。


温暖で穏やかな気候は、特に柑橘類の生産に適しています。


安芸津町木谷にある「甲斐農園」は、レモン、ミカン、ジャガイモを栽培して今年で9年目。

11月に入って、レモンの収穫がスタートしたと聞き、市民ライターの門田がハウスへお邪魔しました!

甲斐農園では、ハウスと露地、両方でレモン栽培を行っています。

ハウスの中には、まだグリーンで小ぶりのレモンのほか、出荷可能なSサイズ・Mサイズに太った黄緑色のレモン、
すでに黄色になっているレモンなどがあちこちに。

甲斐さんは、一つ一つ丁寧に、ハサミで収穫していきます。

ハウスの屋根近くまで育つ元気なレモンは「アレンユーレカ」という品種。

ん?葉の先に、ピンク色の何かを発見。

これは・・・?

これは何と、レモンのつぼみなのだそう。

開花すると白い花が咲きます。

初めて見ました!!


甲斐農園のレモンの一番の特徴は、香りがよいこと。

また、酸味のあとにほのかな甘みも感じられると人気です。

ワックス・防腐剤不使用で育てられているので、
皮ごとすり下ろしたり刻んだりして、丸ごと味わうことができます。

「香りと果汁のおいしさを堪能してもらいたいので、搾ってそのまま味わってほしいです。
炭酸やアルコールで割ってドリンクにして味わったり、料理やお菓子にアレンジしたり。
スライスして丸ごとレモネードにしてもいいですね」と甲斐さん。

甲斐農園のレモンは、現在とれたて元気市となりの農家店とJA芸南ふれあい市でお買い求めいただけます。

手土産にもきっと喜ばれると思います。

ぜひ安芸津の「フレッシュな味覚」を味わってみてくださいね。


【甲斐農園】

東広島市安芸津町木谷4462

インスタグラム

 @kailemonfarm

 https://www.instagram.com/kailemonfarm/

取材日時:2021/11/02

安芸津からフレッシュな香り 甲斐農園のレモン収穫スタート!


カキ、ジャガイモ、ビワ、ミカン、レモンと、名産品の多い安芸津町。


温暖で穏やかな気候は、特に柑橘類の生産に適しています。


安芸津町木谷にある「甲斐農園」は、レモン、ミカン、ジャガイモを栽培して今年で9年目。

11月に入って、レモンの収穫がスタートしたと聞き、市民ライターの門田がハウスへお邪魔しました!

甲斐農園では、ハウスと露地、両方でレモン栽培を行っています。

ハウスの中には、まだグリーンで小ぶりのレモンのほか、出荷可能なSサイズ・Mサイズに太った黄緑色のレモン、
すでに黄色になっているレモンなどがあちこちに。

甲斐さんは、一つ一つ丁寧に、ハサミで収穫していきます。

ハウスの屋根近くまで育つ元気なレモンは「アレンユーレカ」という品種。

ん?葉の先に、ピンク色の何かを発見。

これは・・・?

これは何と、レモンのつぼみなのだそう。

開花すると白い花が咲きます。

初めて見ました!!


甲斐農園のレモンの一番の特徴は、香りがよいこと。

また、酸味のあとにほのかな甘みも感じられると人気です。

ワックス・防腐剤不使用で育てられているので、
皮ごとすり下ろしたり刻んだりして、丸ごと味わうことができます。

「香りと果汁のおいしさを堪能してもらいたいので、搾ってそのまま味わってほしいです。
炭酸やアルコールで割ってドリンクにして味わったり、料理やお菓子にアレンジしたり。
スライスして丸ごとレモネードにしてもいいですね」と甲斐さん。

甲斐農園のレモンは、現在とれたて元気市となりの農家店とJA芸南ふれあい市でお買い求めいただけます。

手土産にもきっと喜ばれると思います。

ぜひ安芸津の「フレッシュな味覚」を味わってみてくださいね。


【甲斐農園】

東広島市安芸津町木谷4462

インスタグラム

 @kailemonfarm

 https://www.instagram.com/kailemonfarm/

取材日時:2021/11/02
ページトップへ