0
¥0

現在カート内に商品はございません。

"まちの広報部" とは、ディスカバー東広島が運営する、市民による地域情報の発信プロジェクトです。
市内の事業者やスポットに、実際に行ったときの様子やニュースをお届けします。
(情報は取材時のものになります。最新の情報は別途ご確認ください。)

毎日を大切にする【暮らしの店en】

毎日を大切にする「暮らしの店en」に行ってきました。


虫の音色が変わる9月です。いかがお過ごしでしょうか?市民ライターのリサです。


換気しながらの今年の夏は、例年に増す暑さ。酷暑に耐えた自分を、いたわってみませんか?

職人さんによる手仕事の品々が揃う店内で、癒しのアイテムを教えてもらいました。


まずは、リトルワンダースさんのハーブティー。

ハーブティーは作用はおだやかですが、日々のちょっとした体調変化に寄り添ってくれる、セルフケアにぴったりの飲み物だそうです。

常時、10種類程が並びます。

それぞれ、自身の不調に合わせて選べます。

私、梅雨入り時は、"シーズンズベストバランス"のスッキリした飲み口にハマったけれど、初秋は"エブリデイデトックス"を試してみようと思います!


香りを楽しむなら、ニキアポセカリーさんのミツロウ薬草クリーム。

肌にスッと馴染むので、全身に使えます。

ドラマを見ながら、手足のツボをマッサージをすると、お花の香りに包まれてウットリしました。


裸足の足が冷えてくる頃には、グリュクントグーテの五本指「足の肌着」。

素肌にあたる面は絹、外側は綿。

吸い付くような履き心地と大地を踏みしめる五本指は、心地良さと機能性の双方を叶えてくれます。

カラーはミモザ、ヒーザー、レッド、エクリュ、ブラウン、インクブルー、チャコールが揃っています。


手荒れが始まる前に洗剤を見直してみませんか?

自然にかえる無添加石鹸サンダー・レッドは、純石鹸分99.9%で、汚れをしっかり落とせます。

食器にも、衣類にも使えるとか。

石鹸の原料は醤油を作った残りの大豆油。

大豆油に含まれる有効成分を製品中にそのまま残すため、手荒れも防いでくれます。


最後は、京都の老舗公長齋小菅の6.5寸二段重箱 。

竹の集成材を使いウレタン塗装で仕上げてあるため、見て美しく、その上、お手入れが楽なのです。

運動会のお弁当に、おもてなしの和菓子を入れて、さらにワンプレートランチの器にも。


実は、9月に5周年を迎えたこのお店。

酒蔵通りから少し入った風情のある建物の中にあります。

洋装店だったお店を改装して作られたそう。

良いものを丁寧に使いたいという想いが店舗からも伝わります。


小見(こみ)店長は、主婦の目線で「シンプルだけど、長く使えて自然に還るものを」と、職人さんの工房や醸造所から地窯まで訪ねて、
ご自身の目で確かめ、使ったものを紹介しています。


「お客様がいい人ばかりだったから、これまでやってこられました。素敵なモノを見つけて、お客様と一緒に育てていくことが楽しみです。
これからも、皆様とご縁がありますように。」というお言葉をいただきました。


私が一目惚れした商品について聞くと、店長は来歴から使い方やお手入れ方法まで、お話してくれます。

聞くうちに、「長く使うには、どうしたらいいの?我が家の生活に取り入れられるの?」という不安がほどけ、
この商品をお迎えして素敵な生活をする自分を思い描いてしまうのです。

皆さんも、ふらりと立ち寄ってみませんか?


〇店舗情報

暮らしの店en

 

【住所】広島県東広島市西条朝日町1-14

【駐車場】  2台

【電話番号】 090-7997-9353

【営業時間】 9:00~15:30

【定休日】 月曜日/火曜日


info@good-en.com

* HP  https://good-en.com/

* facebook  https://www.facebook.com/en.kurashi

* instagram  https://www.instagram.com/good.en/?hl=ja

@good.en


○コロナ対策

 アルコール消毒


取材日時:2021/07/29

毎日を大切にする【暮らしの店en】

毎日を大切にする「暮らしの店en」に行ってきました。


虫の音色が変わる9月です。いかがお過ごしでしょうか?市民ライターのリサです。


換気しながらの今年の夏は、例年に増す暑さ。酷暑に耐えた自分を、いたわってみませんか?

職人さんによる手仕事の品々が揃う店内で、癒しのアイテムを教えてもらいました。


まずは、リトルワンダースさんのハーブティー。

ハーブティーは作用はおだやかですが、日々のちょっとした体調変化に寄り添ってくれる、セルフケアにぴったりの飲み物だそうです。

常時、10種類程が並びます。

それぞれ、自身の不調に合わせて選べます。

私、梅雨入り時は、"シーズンズベストバランス"のスッキリした飲み口にハマったけれど、初秋は"エブリデイデトックス"を試してみようと思います!


香りを楽しむなら、ニキアポセカリーさんのミツロウ薬草クリーム。

肌にスッと馴染むので、全身に使えます。

ドラマを見ながら、手足のツボをマッサージをすると、お花の香りに包まれてウットリしました。


裸足の足が冷えてくる頃には、グリュクントグーテの五本指「足の肌着」。

素肌にあたる面は絹、外側は綿。

吸い付くような履き心地と大地を踏みしめる五本指は、心地良さと機能性の双方を叶えてくれます。

カラーはミモザ、ヒーザー、レッド、エクリュ、ブラウン、インクブルー、チャコールが揃っています。


手荒れが始まる前に洗剤を見直してみませんか?

自然にかえる無添加石鹸サンダー・レッドは、純石鹸分99.9%で、汚れをしっかり落とせます。

食器にも、衣類にも使えるとか。

石鹸の原料は醤油を作った残りの大豆油。

大豆油に含まれる有効成分を製品中にそのまま残すため、手荒れも防いでくれます。


最後は、京都の老舗公長齋小菅の6.5寸二段重箱 。

竹の集成材を使いウレタン塗装で仕上げてあるため、見て美しく、その上、お手入れが楽なのです。

運動会のお弁当に、おもてなしの和菓子を入れて、さらにワンプレートランチの器にも。


実は、9月に5周年を迎えたこのお店。

酒蔵通りから少し入った風情のある建物の中にあります。

洋装店だったお店を改装して作られたそう。

良いものを丁寧に使いたいという想いが店舗からも伝わります。


小見(こみ)店長は、主婦の目線で「シンプルだけど、長く使えて自然に還るものを」と、職人さんの工房や醸造所から地窯まで訪ねて、
ご自身の目で確かめ、使ったものを紹介しています。


「お客様がいい人ばかりだったから、これまでやってこられました。素敵なモノを見つけて、お客様と一緒に育てていくことが楽しみです。
これからも、皆様とご縁がありますように。」というお言葉をいただきました。


私が一目惚れした商品について聞くと、店長は来歴から使い方やお手入れ方法まで、お話してくれます。

聞くうちに、「長く使うには、どうしたらいいの?我が家の生活に取り入れられるの?」という不安がほどけ、
この商品をお迎えして素敵な生活をする自分を思い描いてしまうのです。

皆さんも、ふらりと立ち寄ってみませんか?


〇店舗情報

暮らしの店en

 

【住所】広島県東広島市西条朝日町1-14

【駐車場】  2台

【電話番号】 090-7997-9353

【営業時間】 9:00~15:30

【定休日】 月曜日/火曜日


info@good-en.com

* HP  https://good-en.com/

* facebook  https://www.facebook.com/en.kurashi

* instagram  https://www.instagram.com/good.en/?hl=ja

@good.en


○コロナ対策

 アルコール消毒


取材日時:2021/07/29
ページトップへ